■本格スペイン料理と洒落たバル空間に気分が上がるお店

高知でも、イタリア料理やカフェはお店も多くて浸透してますが、まだまだ、スペイン料理や「バル」は新鮮な感じがします。だからでしょう、とある女子会のお店選びの候補の中から、全会一致で選ばれたスペイン料理のお店「南欧Baru Amistad」へ、ハロウィンナイトに行ってきました。

はりまや橋から徒歩5分、高知の飲屋街の好立地にあり、いつも若者でにぎわっているお店です。
image
何度か満席で予約がとれず、今回やっとの初来店。
image
照明、家具とバルの空間が本格的。
image
樽テーブルが新鮮。USJとかディズニーランドのコーナーにありそうな外国の酒場感にワクワクします。テレビモニターもあるので、サッカーなどの試合中継のある日は、スポーツ観戦も楽しめそうです。

メニューは、本格的なスペイン料理がいろいろありました。

◎イベリコサラミとチーズのピンチョと、じっくり焼き上げたローストポーク
image
◎気まぐれパエリア
image
◎焼き野菜と生ハムのサラダ
image
種類豊富な野菜が入っていて食べるのが楽しい。

◎自家製サングリア
image
サングリア巡り中なのですが、こちらの味は酸味と甘みが半々くらい。

高知産の食材を使ったメニューもあったりします。詳しくはHPへ。

盛りつけ方も味も、お店の雰囲気もよし。男性、女性の店員さんどちらもシュッとしていて雰囲気に合っている。お客さんの年齢層は若め。女子会とか、デートとか、友達とワイワイとしたいときによさそうです。
 

■高知市街地もハローウィンの夜はパーティーピーポーで溢れてました

ハロウィンナイトのこの日は、お店にマリオが座っていました。なにやら、ハローウィンが急展開で国民的イベントと化しているようですね。東京では、10月は、ハロウィン当日でもないのに、仮装行列とパーティーが繰り広げられていると、情報番組で目にしていたのですが、その熱は遠く高知まで。

食事の後、まちへ繰り出しましたが、囚人だったり、女子高生風っだったり、傷メイクだったり、いるいるハイレベルな仮装した人々。こんなに若者が溢れてる帯屋町って、よさこい祭りの次くらいではないだろうか。20代だったら私もパーティーピーポーやってた気がする。活気があってみていて楽しい。もう、ハロウィンはお祭りですね。

しかしながらこんな人の多い日は、高知の夜の洗礼をうける確率高し。2次会はスイーツの店へ行こう!と、さまよえど、どこもいっぱいで入れず…。同じことを考える人も多いのが、お祭りの夜なのです。スイーツの美味しい夜カフェが増えてほしいものです。

◎南欧Baru Amistad (南欧バルアミスタ)
住/高知県高知市帯屋町1-2-186 ASTIR 121 1F
営/18:00 ~ 2:00(ラストオーダー1:00) 
休/日曜(月曜が祝日の場合は休み)
問/TEL:088-824-1255